This site uses cookies to provide you with a more responsive and personalised service. By using this site you agree to our use of cookies. Please read our privacy notice for more information on the cookies we use and how to delete or block them. Ok Read more

セミナー1 - リレーショナルタッチ

触覚、空間、知覚、そしてタイドの形の現象を探ります。頭蓋仙骨バイオダイナミックの概念を詳細に探求します。

  • リレーショナルフィールド
  • ホリスティックシフト
  • ブレスオブライフ/命の息吹の展開
  • 知覚フィールド

学習過程で見えてくる/理解してくるもの:

  • スティルネス(静止)
  • リソース
  • 経験のパターン
  • 固有の治療計画

学習/習得のゴール/アウトカム:

  • バランスの取れたアウェアネス/意識とプラクティショナー自身の支点の状態を確立する
  • 自分のシステム内で安定した状態を達成できる
  • クライアントとコンタクトスペースを交渉する
  • 座って、クライアントのシステムがどのようになっているかを聞くことができる
  • 明確なリレーショナルフィールドを確立する
  • 自分自身の体や他の人のプライマリーレスピレーションの表現に気づく
  • 自分自身と他者のスティルネスを認識する/li>
  • クライアントのシステムに体系的なスティルネスを誘う
  • 広い知覚フィールドを提供する

索引に戻る

セミナー2 - ミッドライン

全身の健康のための機能と自然な支柱の単位として、そしてボディマインドシステムの主要なエネルギーのためのコンダクターとして脊椎を探ります。この軸を中心に自然な調整がどのように行われるかを学びます。

  • 胎生学/発生学の起源
  • 元の健康とブループリント
  • プライマリーミッドライン
  • ホリスティックスパイン(脊椎)
  • 二つの極 - 仙骨と後頭部
  • 脊椎運動のダイナミクス
  • フルイドスパイン(体液脊椎)
  • キーとなる関節

学習過程で見えてくる/理解してくるもの:

  • 自然なバランスの状態
  • ティッシュー、フルイド、ポーテンシー
  • ボディラーニング
  • トラウマ/外傷の影響の認識と治療

学習/習得ゴール/アウトカム:

  • スパインの健康が全身の健康にどのように影響するかを理解する
  • プライマリーミッドラインからの表現の認識に慣れる
  • スパインの機能全体を一単位として耳を傾けます。
  • 脊柱カーブの健康と脊柱曲線を通した連続性を関連づけ、脊椎関節パターンを識別するのを助ける。
  • 縦に走る脊柱に対して水平方向の関係、すなわち、内臓および体性神経弓における、促進された部分および過敏性、ならびにそれらを治療的に満たす方法がわかる。
  • クライアントの健康状態を評価するスキルを習得する。

索引に戻る

セミナー3 - 全身のダイナミクス

ホリズム(全体観的治療)の現象を探ります。体がコミュニケーションし、全体として動くとき、より大きな健康へのアクセスがあります。組織の連続性、全身のパターンおよび形状を調べます。体全体の相互扶助運動にも注目。

  • 結合組織
  • ファシアル(筋膜)ウェブ
  • 膜内の相互運動
  • 水平および横の構造
  • 全身全域
  • 全身パターンの解明
  • 外傷モデル
  • ファシアル(筋膜)ウェブの、鍵となる交点の股関節と肩関節
  • 広い知覚野とロングタイド
  • 実践の開発:アセスメントのスキル、診断基準、触覚のための言語、治療の記録

学習/習得ゴール/アウトカム:

  • 結合組織マトリックスの健康状態がシステム全体の健康状態にどのように影響するかを理解します。
  • 結合組織の健康状態のアセスメントに慣れる
  • 全身のパターンを感じる
  • 体の縦方向と横方向の歪みを区別する - それらの収束と相互関係を理解する。
  • デューラ(硬膜)の質を認識し、頭蓋の健康のための重要な構造として鎌とテントを関連づけることができる
  • 運動性を評価する方法として硬膜の滑りを観察し、硬膜管に耳を傾ける

索引に戻る

セミナー4 - 頭蓋骨盤共鳴

頭蓋骨および骨盤骨周辺の一次呼吸を探ります。ミッドラインの2つの極が互いにどのように鏡像関係にあり、同調性があるときに健康を作り出しているかを探求します

  • 頭蓋冠と骨盤骨の可動性と運動性
  • 経験のパターン
  • 比共鳴
  • バイポーラコンタクト
  • 統合とリソース
  • 骨と膜の表現
  • コア―周辺(中心―末梢)の共鳴:ミッドライン(正中線)と四肢
  • 実践の開発:治療セッションの構造、治療プロセス、実際の安全性

学習/習得ゴール/アウトカム:

  • 骨がどのように感じ、健康的な動きを表現するのかを認識し始める
  • レシプロカルテンションメンブレン(RTM)の健康状態がミッドラインの骨に与える影響を確認する
  • 頭頸部共鳴を介して全身パターンを感じる
  • 大脳鎌とテントが円蓋骨の健康的な動きのための重要な構造であることを認識する
  • 骨盤と頭蓋の間のコアリンクとして硬膜管を聞くことを学ぶ

索引に戻る

セミナー5 - 出生、イグニションおよび元(オリジナル)の健康

私たちが子宮内でどのように発達するのか、そして出生前の健康状態を探ります。頭蓋仙椎治療はこれらの初期の力との関係を形成し、初期の影響の再順序付けを容易にすることができます。このユニークな出来事に反応して、誕生の過程と体がどのようにしてそれ自身を形作るかを見る

  • 出生前の経験と精神
  • 頭蓋底パターンとその共鳴
  • 全身の出生形状と姿勢
  • 同調を理解する
  • イグニションの過程
  • アタッチメントと接合体が影響を与える
  • トランスパーソナルの関係
  • ペーシングと包み込み/包含
  • 実践の開発:ボディインテリジェンスへの信頼を築き、健康を診断し、変化を評価する

学習/習得ゴール/アウトカム:

  • ボールトホールド(Sutherlandのホールド)と修飾されたボールトホールド(Beckerのホールド)を使用して、頭蓋の歪みを調べる
  • 頭蓋底と周産期に起こる変化・イベントへのリンクを探りながら、全身の形やパターンを扱う
  • 体液膜の袋として、体液がいっぱいに詰まった袋である赤ちゃんの頭蓋骨に影響する/をゆがめたりする/応形する誕生段階の効果を理解して、頭蓋を観る
  • コンプレッション、横方向の屈曲、ねじれパターンの感覚を感じ始めます(Spheno Basilar Joint (蝶形後頭関節) SBJの生理的ひずみパターン)。
  • 頭蓋底の横方向および縦方向のせん断パターン (SBJの非生理学的ひずみパターン)の感覚を得始める
  • 「水平」な知覚分野との関係を通して、ロングタイドに対する理解を深める
  • リソースの促進、プレゼンス、ペーシングとコンテインメント(包含)の理解に関するスキルを深める

索引に戻る

セミナー6 - 内臓知能 (インテリジェンス)

臓器がどのように感じ、動くのか - それらの発生学的起源と主な健康表現、を探ります。トリートメントがどのように生理機能を深く変えることができるかを学びます。

  • 内臓神経系
  • ’ファイト オア フライト’ 反応(戦闘または飛行反応)と脳幹
  • 辺縁系と感情
  • 個々の臓器の表現と臨床的考察
  • 腸と臍の影響
  • スティルネスの生理的影響
  • 実践の開発:深刻な病気への対処、短期、中期、長期に関わるクライアントとの関係

学習/習得ゴール/アウトカム:

  • 心膜と他の構造物、特に頭蓋底と横隔膜の間のリンクを正確にみる
  • 臓器の流動性と体の生理機能の位置を見定める
  • 腹膜を内臓の相互緊張膜(RTM)システムとして関連させる
  • 腸管の感覚とその特有の、ポーテンシー(効力)と動きの表現を知る
  • CRIから、ミッドタイド、身体構造へ聞くスキルを深める
  • 静止点が臓器生理学に及ぼす統合的影響を評価する
  • 内部空間として体腔の位置の理解
  • 内臓、体液、神経系およびポーテンシーのホリスティックな性質を理解する。
  • 区別・差別化のスキルを深める

索引に戻る

セミナー7 - ニューラルマトリックス

私たちの中心にある中枢神経系の流体/電気的現象を探ります。特に、脳がどのように感じてライトなタッチに反応するか。より滑らかな神経流動態をもたらすための神経パターン形成との関連性を調べます。

  • 脳全体
  • 神経流
  • 心室と深い効力の貯水池
  • 血と脳
  • 脳の状態
  • 神経の促進
  • 精神神経免疫内分泌反応
  • 中枢神経系の静止
  • スティルネスの海
  • 実践開発:成功した充実した頭蓋仙骨療法士であること、フリーランスのセラピストとして生き残る方法

学習/習得ゴール/アウトカム:

  • 脳室とそこに存在する深いポーテンシーを感じる。スティルポイント(静止点)の中の脳室の潜在力を探る
  • 第3脳室の健康状態が身体システム全体の健康状態にどのように影響するかを理解する
  • 神経組織の健康表現に慣れる。‘バランス状態’を認識し、目を含む脳のさまざまな部分を扱うことを学ぶ。
  • 静脈洞と関連づける。それらの自由運動をアセスメントし、より大きな機動性と流動性、ポーテンシー(力価)と運動表現を奨励する。
  • 脳幹の活性化と神経系をトーンダウンする方法を知る
  • 視床下部と下垂体に関連し、体内の内分泌の変化を見いだす

索引に戻る

セミナー8 - フェイシャルコンプレックス

顔のダイナミクスとその特別な感覚を探ります。どのように顔が神経頭蓋、全身、そして相互関係の多くの関係で機能しているかを調べます。特に、顎と喉の全身に対する中心的な関係、そしてそれがどのようにして強力な生理学的および精神感情的な表現と抑制の支点となるのかを考察します。

  • 脳神経と特別なセンス
  • 顔の動きと感情
  • 硬口蓋のダイナミクス
  • 顎とTMJのハーモニー
  • 感情的な閉じ込めとその表現
  • ショックとあご
  • のどの要点
  • 下半身のキージョイント(関節)
  • 共感できるプラクティショナー
  • 認知と非行動のパワー
  • 実践の開発:感情と痛みの生理機能の枠組み、治療セッションにおける存在と単純明快さの向上

学習/習得ゴール/アウトカム:

  • フェイシャルコンプレックスで出生パターンを認識する
  • TMJ圧縮とその影響を認識する
  • 慢性的な顎の緊張の影響と、特に免疫反応、消化、姿勢および感情的な抑圧を含む、身体のすべてのシステムへの影響の理解
  • 舌骨を天然の支点として、喉の構造的および感情的な健康のために働きかける
  • 顔全体に耳を傾け、あらゆる顔の組織と関係を持つことができる
  • 表現のパターンとその質と方向性を示し名付ける能力がより正確になる
  • 話し言葉(口頭)と書き言葉(書面)によってBCSTを定義する

索引に戻る

セミナー9 - リレーショナルフィールドへの深化

妊娠、出生および早生は深遠で形成的な時期です。これらの最初の時期は、私たちの健康と自然の多くの側面を決定することができます。 Craniosacral Therapyはこれらの出来事についての深い理解を提供し、そして人間のシステムとのユニークで深い接触を通して各個​​人の中で生来の生命力の表現を助けることができます。これらのスキルを効果的に使用できるようにすることは、胚、胎児、赤ちゃんおよび母親の発達を助けることができます。

  • 母親と赤ちゃんの共鳴
  • 出産後初めて母親と赤ちゃんを治療する
  • 母親と赤ちゃんの健康表現/トラウマ表現
  • 出生後の期間と発生する変化
  • 自然労働
  • 小児の病気
  • 分娩/陣痛の合併症と医学的モデル
  • 妊娠中の生理的変化
  • 妊娠中の女性を治療し、赤ちゃんの存在を認識する
  • 出生前に発生したコンディション
  • クリニカルプラクティス
  • 初診の女性と赤ちゃんのケース
  • 動きまわる月齢に達した乳児の治療
  • 言語スキルの向上
  • 存在の状態にとどまるためのスキル
  • プラクティショナーのセルフケアと実務における監督の役割

学習/習得ゴール/アウトカム:

  • 女性の骨盤の解剖学的構造に関連づける
  • 複数の人に対してのリレーショナルフィールドを作ることができるようにします。
  • 短期間で限られたコンタクトで実践することを学ぶ。
  • 安全を生み出すのに役立つ要素を持つ
  • 言語スキルとペーシングスキルの両方を使ってトラウマスキルを高める
  • 新生児の視点から身体のイグニションを確認する
  • 自律神経系の位置と関連づけ、誕生と絆におけるその役割を評価するng.

索引に戻る

セミナー10 - 細胞のインテリジェンス

体が本質的にどれだけホリスティックであるかをみる。神経系、内分泌系および免疫系は複雑に関連しており、補完的であり、私たちの感情的および心理的状態に影響を及ぼします。新しい生物学と新しい科学は、私たちがこの知識をトリートメントルームに持ち込み、真にホリスティックな方法でクライアントシステムに出会うための実用的な方法と共に、身体的および感情的理由づけの背後にあるものを理解するのを助ける理論として学びます。

  • 視床下部 - 下垂体 - 副腎(HPA)軸の現象
  • 代謝領域と甲状腺
  • 免疫系の効力と免疫器官
  • ホルモン分子流体マトリックス
  • 神経内分泌免疫系の調節
  • ストレス/炎症反応を理解する
  • 実践開発:あなたの実践の構築、法的要件、継続的な発展

学習/習得ゴール/アウトカム:

  • HPAの軸を感じ、その生体力学的健康度とストレス反応レベルを評価することができる
  • 第三脳室のポーテンシーコネクションがシステム全体の健康に極めて重要であることを認識する
  • 免疫反応とその健康状態の表現に慣れる。免疫臓器を扱うことを学ぶ。
  • リンパ管と関連する。それらを解放し、より大きな機動性と流動性、ポーテンシーと動きの表現を奨励するのを助ける
  • 松果体を自然なバランスとリズムの支点として識別することを学ぶ。
  • 分子レベルで身体に関連する

索引に戻る